眼精疲労 肩こり

眼精疲労からくる肩こり

 

視力が悪いためコンタクトレンズを装着していました。仕事は事務系で毎日パソコンを使うので同じ姿勢での作業になりかなり目が疲れます。目、こめかみ、首筋、肩のセットで痛くなりますが、もう慢性になっているので普段は肩がこっている事に気づきません。さらにひどくなると心臓の下の筋肉が収縮してズキンズキンと言う痛みが出てくる事もありました。初め心臓が痛くなっているのかと思い凄く怖くなりました。少し大げさかもしれませんが「私は死んでしまうのだろうか?」と思う事もありました。

 

また、曇りや雨の日は暗いため余計目を酷使するらしく、凄く疲れます。首を回すとゴリゴリ、バキバキという音がします。そして頭痛です。もうこうなるとどうしようもないので市販の頭痛薬を飲んで痛みを和らげていましたが、本当は横になって寝てしまいたいくらいでした。でも、仕事中はさすがに無理なので何とか気合いで乗り切っていました。運動は週1回程度バトミントンをしていますが、それだけでは足りてないのかもしれません。

 

 

運動をしても足りないのかと感じてしまうほど辛い肩こり・・・
痛くなるだけだから、運動はやめておこうという流れになってしまうと、太っていく一方ですし、健康上問題も出てきますよね。
そこで、短期集中型で痩せる方法について、こちらをご覧ください。→http://carrydvd.com/entry2.html

 

ダイエットといえば、産後のダイエットに励む方も多いのではないでしょうか。もう一人欲しいと思った時には、妊活中から葉酸サプリを飲むことがおすすめです。
赤ちゃんの先天性異常のリスクを低下させる効果があるので、気になる方は、おすすめのネイチャーメイド 葉酸をチェックしてみてくださいね。

ストレッチとレーシック手術

 

やはり目を使いすぎない様にしています。目薬もスーッとするタイプにしたり、30分に1回くらいのペースで休憩を入れる様にしています。窓から山が見えるのでなるべく遠くの方を見たり、目頭をマッサージして休ませています。また、肩甲骨をぐるぐると回したり、力を入れたり抜いたりといったストレッチをする様にしています。こうするとかなり楽になります。家に居るときはゼノールを肩に塗って血行を良くしています。ゼノールはスーッとする感じがありそれだけで肩が楽になります。たまに整体に行ったりもしますがなかなか回数は行けないので、家で出来る事で色々考えました。でも慢性化してしまった肩こりはどうする事もできなかったのでコンタクトレンズによる眼精疲労を少しでも軽減するためにレーシック手術を受けました。レーシック手術をした理由は他にもありますが、手術後はかなり目の疲れが軽くなった様に思います。その結果肩こりだと実感する回数も減りました。でもたまにくる酷い肩こりにはストレッチ、入浴で血行を良くしてしのいでいます。

こんな記事も読まれています